無線綴じ冊子とはこんなに便利な使い方です

無線綴じ冊子とは、製本の方式のひとつです。製本とは、バラバラな紙をまとめて、表紙をつけて、本にする作業の事を指します。製本は並製本と上製本にわけられています。そのうちの並製本に、無線綴じ冊子は分けられます。無線の名の通り、製本の際に線を使用していません。線とは、糸や針金の事です。そして、背を一度切り落としてから接着面を作る切断無線綴じと、切込みを入れてから糊を浸透させる網代無線綴じにわけられます。比較的安価な方法で、ページのずれが無い為、ページ数の多い冊子向きです。例えば、漫画本や文庫分などの、安価でありながらページ数の多い冊子に多用されています。固定してあるのが糊だけの為、以前は強度や耐久性に問題がありましたが、最近では糊の改善によって問題を解決しています。

並製本と上製本の違いについて見ていきます

まず並製本を見ていきましょう。基本的に、接着剤や針金や糸で簡易的に綴じられたものを指します。その中でも、線を使っているものを中綴じ冊子、使っていない物を無線綴じ冊子と言います。特徴としては、表紙は柔らかく、本文と同じ大きさです。上製本と比べて簡易的な作りのため、安価で作成できるというメリットがあります。別名ソフトカバーとも呼ばれ、週刊誌や雑誌、文庫本など、日常的に目にする機会の多い製本方法となります。では、上製本とは何でしょうか。別名をハードカバーと呼ばれており、表紙が厚いのが特徴です。並製本と比べると工程が多くなる事もあり、費用はかかってきます。しかしその分、耐久性に優れており、長期間保存するのに適しています。大きな特徴は、チリと呼ばれる部分です。表紙が本文よりひとまわり大きいため、寸法差が出ます。これをチリと呼びます。このチリにより、本文をしっかりと保護する事ができます。

無線綴じ冊子について考えてみましょう

安価と言っても、無線綴じ冊子の品質は上がっています。糊の改良により以前よりも耐久性が上がっていますし、ある程度の期間保存するのには適しています。もちろん、長期にわたるとなるとハードカバーの方が品質的には上ですが、中綴じ冊子よりも優れている部分もあります。線を使って綴じる中綴じ冊子と比べ、無線綴じ冊子は接着部分が広くあります。そのため、ページのずれは少なくなり、ページ数も多く綴じられます。また、背表紙があるため、本棚に置いた時に見やすいという点も挙げられます。逆にデメリットを挙げるとするなら、少ないページ数であれば、中綴じ冊子の方が向いていますし、見開きの真ん中は見づらい事もあります。そういったメリットデメリットを考慮し、どの綴じ方をするのかを選んでいきましょう。