これが無線綴じ冊子の仕組みです

仕事や家庭で資料をまとめる必要がある際におすすめなのが、無線綴じ冊子です。無線綴じ冊子は、本の背を糊で固めて綴じて作られていて、とても丈夫で長持ちする造りです。また、無線綴じ冊子は針金を使いません。糊のみで綴じるため、ページ数が多い場合もすぐに対応可能です。どのようなことに利用できるかというと、商品カタログや会社案内、情報誌、写真集、絵画集、作品集など様々な種類の本に利用できます。ページが多くなりすぎると針金を使用した綴じ方となり、膨れ上がりすぎてどうしても見た目が悪くなってしまいます。逆に、ページ数が少ないものの場合は無線綴じで作成すると違和感のある見た目になってしまうため、針金を使用した作成方法が向いているでしょう。自身が作成したい本のページ数を考えた上で作成方法を決めましょう。

無線綴じ冊子のメリット、デメリット

無線綴じ冊子のメリットとデメリットについて、ご説明します。まずメリットは、ページ数に限りがないというところです。写真集や商品カタログなどは、ページ数が多くなることがあります。そのような時でも、無線綴じ冊子であれば対応は可能です。次に、本棚に並んだときでも見つけやすいというところです。オフィスなどで、背表紙を見るだけですぐに見つけられると仕事もスムーズになります。最後に、丈夫な作りで長期保存に向いているというところです。中綴じと比べ、高級感があり見栄えもいいです。とてもしっかりした印象になります。反対にデメリットについて説明すると、ページの真ん中の根本部分を開くことができないため、見づらい部分が生じるというところがあります。本棚へ並べることを考える場合、無線綴じ冊子は非常に向いていると言えます。

無線綴じ製本の作成や仕組みについて

無線綴じ冊子の仕組みを説明します。無線綴じ冊子の綴じ方向は本文が縦書きか横書きかによって決まります。横書きは、右から左へめくるので左綴じ、縦書きは、左から右へめくるので右綴じといいます。また、無線綴じはページを完全に開ききることができません。そのため、特にページ数の多い場合、ノド部分のアキに注意する必要があります。アキの余白としては冊子の内容やサイズにも関係しますが、読みやすさやバランスに配慮して文字や図柄は10~20mm余白をもたせるのがいいでしょう。そして肝心な背表紙についてですが、ページ数と紙の厚さによって背表紙の幅が決まります。何も考えず、雑に幅を決めてしまうとはみ出したり、バランスが悪かったり見栄えが悪くなるので、相当な計算式に当てはめて算出してみてください。無線綴じ冊子の仕組みは上記のようになっています。